通所リハビリテーション(デイケア)

私たちは「家庭的であたたかいサービス提供」というモットーをかかげ、利用者様がゆたかに、自分らしい生活をおくるために地域に密着した細やかなサービス提供を目指します。

通所リハビリを利用するためには

通所リハビリのサービスを受けるには下記の要件を満たす必要があります。

  • 介護保険で要介護1~5または要支援1~2の認定を受けている方
  • 主治医から、通所リハビリが必要との診断を受けている方

※40~64歳で要介護状態となった方については、その原因が16種類の特定疾病による場合に対象となります。

川崎胃腸科外科医院[通所リハビリ]の特徴

食事は院内調理を行い、減塩と地産地消につとめ、食材は低コレステロール油脂、長崎県産の魚介、米を極力使用しています。

ご利用日とご利用時間

月曜日~土曜日(日・祝祭日は休み) 9:30~15:40

ご利用可能設備等

食堂兼機能訓練室 / 浴室 / 送迎車

サービス内容

送迎・健康チェック・入浴・排泄介助・食事・おやつ・機能訓練(リハビリ・電気治療・マッサージ機)・手作業・カラオケ・レクリエーション・誕生会・行事・その他の必要な支援等

一日の流れ

8:40~ 送迎
9:30~ 健康チェック・入浴
リハビリテーション(運動療法・物理療法・作業療法)
10:50~ 頭の体操・口腔体操
12:00~ 昼食・休憩・口腔ケア
13:30~ ドリンクサービス・グループ体操・レクリエーション
リハビリテーション(運動療法・物理療法・作業療法)
15:00~ おやつ、リズム体操
15:40~ 送迎

通所リハビリテーション利用料金(1割の場合)

【要支援】 1か月の利用料(送迎込み)

要支援1 1,721円
要支援2 3,634円
加算料金 運動機能向上加算:225円/1か月
事業所評価加算:120円/1か月
リハビリマネジメント加算:330円/1か月

※その他加算料金があります。

【要介護】 1日の利用料(送迎込み)

要介護1 670円
要介護2 801円
要介護3 929円
要介護4 1,081円
要介護5 1,231円
加算料金 入浴:50円/回 ・ リハビリ:330円/月

※その他加算料金があります。

その他の料金

昼食代 530円/1日
紙パンツ 100円/1枚
尿取りパット 30円/1枚
材料費 作品を持ち帰る場合実費

事業の実施地域

長与町全域 / 時津町全域 / 長崎市(滑石1丁目・女の都2、3、4丁目・泉町)

個人情報保護方針

  • 個人情報の取り扱いについては法令・ガイドラインに遵守します。
  • 個人情報保護の重要性を職員が認識します。
  • 個人情報の紛失・漏洩等の危険に対し、合理的な安全対策・予防措置を講じます。
  • 個人情報の取り扱いについて継続的に見直しを行い、個人情報保護のために有効に機能させるよう努めます。

医療法人 新成会 川崎胃腸科外科医院 通所リハビリテーション
代表 川﨑智子

通所リハビリテーションとは

通所リハビリテーション(以下通所リハビリ)は、普段は自宅で生活を送っている要介護者、要支援者がより自立した日常生活ができるよう支援するサービスのひとつです。デイケアとも呼ばれます。通所リハビリを提供する施設は、病院、老人保健施設、診療所などがあり、利用者はそこで指導、訓練などを受けることができます。

デイサービスとは異なり、医療スタッフ*(理学療法士など)がそれぞれの分野から利用者に必要なメニューを作成し、リハビリを行い、評価、内容の変更などを行います。

通所リハビリは一般的なリハビリテーションのイメージである、故障した腕や足などを訓練し機能回復させるといったものとは異なります。その人が心身ともに自分らしい生活を送ることができるよう身体機能の回復のみならず、認知機能、思考力、判断力なども維持回復できるようにサポートしていきます。

そのため身体機能の回復訓練だけでなく、食事や入浴などの日常生活の支援をしたり、レクリエーションやゲームを通して精神機能を高めたりすることもあります。

理学療法士(PT)

日常生活を送るために必要な、立つ、歩く、座るなどの生活動作を維持回復するように、筋肉や関節を動かす運動療法を行います。噛む、飲み込むなどの食べる機能の回復サポートもを行います。

作業療法士(OT)

学習や作業能力を高めるために手先を使った手工芸や園芸などの活動をサポートしたり、食事や入浴など動作のサポートを行います。噛む、飲み込むなどの食べる機能の回復サポートもを行います。

言語聴覚士(ST)

発音、発語、話す、聞くといった、コミュニケーションに関わる機能を回復させるほか、より専門的に噛む、飲み込むなどの食べる機能の回復サポートもを行います。

現在当院では理学療法士、作業療法士が在籍しています。

通所リハビリのメリット・デメリット

通所リハビリのメリット

当院は医院内併設のため、医師が常駐していますので、緊急時など迅速に対応いたします。併存疾患が多い方も対応いたします。体調や持病に不安のある方も安心してご利用いただけます。

  • 体力の向上や維持ができ、心身の機能の回復が期待できる。
  • 専門家の指導を受けながら、設備を適切に効率よく利用したリハビリテーションが可能である。
  • リハビリテーションという目的があるので施設でも退屈に感じることが少ない。
  • 生活が規則的になりリズムが生まれやすい。
  • 外出の機会ができ、引きこもりを予防、改善できる。
  • 家族以外とのコミュニケーションがとれる。
  • 普段からも健康や生活に気をつけるようになる。
  • 介護者の負担軽減につながる。

通所リハビリのデメリット

  • 個室空間ではないので人と関わることが苦手な人にとってはストレスに感じることがある。

お気軽にお問い合わせください